読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩風呂で半身浴がすごい!1週間入浴したので、美肌、ダイエット、足痩せの効果を語ってみる

 

f:id:dokoniikooka:20160629214746j:plain

塩風呂の効果がすごい。

始めたきっかけが、6月のムシムシした期間をサッパリとと乗り越えたくて、何か良い方法は無いかネット検索したら、ヒットしたんですよ。塩風呂が。

その記事を読み進めたら、「美肌になる」とか「むくみがとれて足痩せに良い」とか書いてあったので、それで何の気なしに始めてみただけでした。

発汗作用によって、ダイエット効果もある!みたいな事も書かれていましたが、まとめ記事みたいだったので、実体験の声じゃなかったんですね。だから、「お塩なら台所にあるし、ちょっと一回やってみるか」という軽い気持ちで。

 

で、で、で、実際に入れてみると、本当にすごいんです・・・!

 

何がすごいって、

  • 肌がツルスベになる

  • 身体の芯がずっと温かい

  • なんとなく身体がスッキリしたような

こんな効果が目に見えてわかるです!

え?気のせいだろうって?そう言われたら、そうかもしれませんが・・・

いえいえ、本当に。塩風呂に入ったその日から、目に見えて違いがあるんです。

こんなにコストパフォーマンスよく、美容や健康に良いのが嬉しくなったので、ちょっと「肌への美容」と「ダイエット」の効果について語ります。

塩風呂によるさまざまな効果

デトックスで美肌になる

塩お風呂の主な効果は、塩の浸透圧によって、毛穴に詰まった余計な老廃物を排出するらしいんですね。そうすることで、余計な詰まりのない、ツヤがある若々しい肌になるんです!また、肌のターンオーバーも促進されるので、どことなく美白になった気がします。

入浴して3日目位になると、どことなく肌がヌルヌルした感じになってきますので、これが、老廃物が本格的に表れ始めたタイミングです。

保温や発汗によるダイエット

塩風呂は、末梢神経を温めて発汗作用を促すので、ダイエット効果も期待できます! 

私の場合ですが、5分ほどでもの凄い汗が吹き出てきました。

基本的な方法で入浴すると、有酸素運動60分くらいの汗に匹敵するとか!週に2~3回位は入った方が良いらしいのですが、こんなに効果があるなら、ぜひとも毎日挑戦したいですね。 

塩風呂の入浴方法

入浴方法はとっても簡単!使う塩は荒塩で

これは本当にそのまま。塩を入れるだけ。

ポイントは、荒塩を使用した方がより効果があるということ荒塩とは、サラサラした手触りでなく、キメの粗いお塩です。荒塩は、天然のミネラルを豊富に含んでいて、これが発汗作用による老廃物の排出を促します。精製された塩は、人工的に作られた塩化ナトリウムの塩であることが多く、これだとミネラルが含まれていないので、あまり効果が望めません。

ミネラルを含んだ塩で、一番オススメなの有名な国産ブランド伯方の塩』。この商品は、ミネラルを含んだ“にがり”の成分が残っているので、塩風呂にもってこいなのです。

ちなみに、私は100円ローソンでみつけた、にがり入りの荒塩で試してみました。こちらでも効果がありましたので、まずはお安いアイテムから試してみても良いです。

量は、初めは30~50gがオススメだそう。でも毎回計るのが面倒負担に感じた私は、とりあえず手のひらに一つかみです。

この時、お湯の温度は38℃~39℃位のぬるめがベスト。40℃以上になると、塩の効果によって心臓への負担が大きくなるので、ご注意下さい。

オススメの入浴方法

オススメの入浴方法は、①湯船に塩を良く溶かしたら10分半身浴、②湯船からでて水で溶いた塩でリンパマッサージ、③また湯船に戻って10分半身浴。この時点で、すでにもの凄い汗をかいています。

各段階での様子を、ちょっと細かく見てみましょう。

①湯船に塩を良く溶かしたら10分半身浴

湯船の中に塩をグワッと入れて、しっかりと溶かします。半身浴に入って2~3分すると、すでにもの凄い量の汗が!ここでしっかりと毛穴を開いちゃいましょう。

10分待つ間に足をマッサージすると、リンパの循環を促して、むくみがとれてきます。

湯船からでて水で溶いた塩でリンパマッサージ

一度、湯船から上がって、全身を『塩湯』でマッサージします!塩湯は、500ml位のお湯に、溶け切らない量の塩を入れたもの。頭のてっぺんから、顔、身体、腕、足、つま先に至るまで塗りましょう。

高濃度の塩湯をぬりたくる事で、浸透圧で毛穴に詰まっていた老廃物を出していきます。塗り込んでいると、ヌルヌルしてきますので、これが老廃物です。面白いので、ついつい摩り過ぎてしまうことも(笑)

③また湯船に戻って10分半身浴

 

ここまでで、毛穴という毛穴を開き、老廃物を肌の表面に浮かせ始めたら、もう一度湯船に入って出し切ります。お湯につかった瞬間、尋常じゃない量の汗が吹きでる!汗をかいているだけでも、爽快感を感じられて気持ちいい。

最後に、シャワーで身体に付いた塩を流して完了です。かなりの発汗量なので、夏場は特に、お水をこまめに取るようにして下さいね。

matome.naver.jp

塩を入れるのに抵抗ある方はバスソルトから

「でもお風呂塩を入れるのは何かちょっと・・・」という方、まずはバスソルトから試してみてはいかがでしょう。あまり優しいお値段では無いのですが、入浴剤感覚で使えます。

その内、より高い効果を求めて、荒塩を入れたくなるかも・・・!

▲SABON:有名なバスグッズ店のバスソルト。他のバスソルトより、がっつりと塩の効果を感じます。

▲シャーロム:画像左のバスオイルソルトがオススメ。柔らかいローズの香りで一気にリラックス!

塩風呂に入浴するときの注意点

入浴後はかならずシャワーをあびましょう

塩風呂に入ったら、必ず最後は、身体をシャワーで流して下さいね。塩が残ってると、肌が乾いたら結晶化します(笑)

また、湯船もシャワーで流して下さい。こちらも塩が残ってると、結晶化して、お風呂を洗うのが大変です。

▼注意:塩風呂を追い炊きすると、パイプがさびやすくなる可能性があるようです。この機能は使用しないようにして下さい。

ケガしているときの入浴はNG!

また、もちろん塩風呂なので、ケガをしていたらしみます。ケガが治ってから入って下さいませ。 

ただしダイエット目的の方!脚についてる憎きセルライトはしぶとい 

脚のむくみと、でき始めたばかりのちょっとしたセルライトは、塩風呂で代謝を上げる事で改善されそう。ただ、何年も蓄積され続けたガチガチに固まっているセルライトは、ハンドマッサージだけだと、消滅させるのは難しいです。

私自身、高校生位のとき、ものすごく太っていた時期がありました。一年位ダイエットに励んで、最終的に約20kgは痩せたのですが、数年太っていた時期についてしまったセルライトは、なかなか落ちないんですよね・・・

セルライトがある限り、それ以上痩せるのは難しいし、そのまま放っておいても、どんどんセルライトは増えるばかり。この辺、機会があれば、また書きたいと思います。

で、ダイエットのためにまずセルライトをなくそう!と決意した私は、色々試しました。

▼これまで挑戦してきた足痩せ方法はコチラ
  • 自宅でリンパマッサージ:足はスッキリしますが、手が疲れて長く続かない。

  • かっさで老廃物を流す:手でマッサージよりも効果ありそう!ただ、むくみは取れるけど、セルライトに効いているのか不明。

  • コロコロローラー:これは、私はまったく効果が出ませんでした。ただ皮膚が痛いだけ。

  • セルライト専門エステ:効果大!一回の施術で確実に効きます!ただし、1回の施術で費用が1万円以上かかるのですよね・・・。お財布と相談した結果、5回で断念しました。

セルライト専門のエステ

 

www.forlady.jp

アイテムではありませんが、実際に訪問したセルライト専門のエステ。スタッフは全て優しい女性の方で、楽しくて丁寧な対応に、足の悩みや体型に合わせた施術をして貰えました。

1回に2時間の施術で、なんと0.5㎝~1㎝はサイズダウン!でも・・・、でも・・・、1回で1万円以上の費用がかかるのですよね。金銭的に苦しかったので、ガチガチの岩盤みたいになったセルライトの部分を集中して、5回で断念。

それでも、少しでも細くなった足を見て、セルライトは無くす事が出来る!と希望を持てた良いきっかけです。

セルライト専門のエステを探している方は、こちのお店がオススメ。

数々の試練を乗り越えた私がオススメしたいモノ

こうしてセルライト撲滅砂漠をさまよい続け、模索した結果、今もっとも効果を実感しているのが、(株)健康コーポレーションの『ボニック 』。

ネット市場で出回っているので、ご存知の方も多いと思います。これ、最初に目に入ったとき思ったのが、セルライト専門エステで行った施術と似てるんですよね。

塩風呂は美容とダイエットに嬉しい効果がいっぱい!

f:id:dokoniikooka:20160629214645j:plain

ここまでセルライトについて熱く語りましたが(笑)、最終的に言いたいことは、『塩風呂で代謝をあげて、ボニックでマッサージすると、確実に痩せる!ついでに肌もキレイになる!』という事です。

この2つの相乗効果は、本当にすごい。

今ダイエットのために代謝を上げたい方、はたまた簡単に汗をかいてサッパリしたい方。とりあえず、塩風呂を1回試してみて下さい!騙されたと思って!1回でも、かなりの効果を実感できるはず。

一年中、自宅でできる、おすすめのデトックス方法でしたー!!