読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【京王井の頭線】新代田駅で人の温もりを感じるおすすめラーメン3つ

京王井の頭線新代田駅

駅の改札を出ると、目の前には環状七号線をまたぐ横断歩道があり、駅から出た人々がいっせいに渡って行くのが、ここの日常の光景です。

新代田駅の周辺は、世田谷区の中でもローカルで、一軒家やマンション、アパートが多い住宅街になります。

駅からの環七沿いには、大きなビルやスーパーは無いけれど、小さな個人店が沢山。お店は、花屋、電機屋、カフェ、ラーメン店、居酒屋などなど、飲食店から生活雑貨まで揃っています。どのお店も、オーナーの個性が溢れ出ていて、お店特有の雰囲気から、内装、メニューに至るまで、魅力がたっぷり。

色々とご紹介したいお店はありますが、今回は、ラーメン店をまとめてご紹介したいと思います!

何度も通い詰めたくなる程美味しい、オススメの3店です。

1.香家(こうや)

中国風のオシャレな外観が、お店の入り口です。

店内に入ると、店員は全員女性の方らしく、柔らかい空気に包まれています。ディスプレイも中華風のテーブル、机、雑貨などで統一感があり、店内の雰囲気が抜群に良く、カジュアルでお洒落なお店です。

 

こちらのオススメは【汁無し担々麺】。

担々麺がウリの中華料理屋で、担々麺は『汁無し』と『汁有り』、また両方とも辛さが2段階あり、全部で4種類の担々麺があります。

中でも一番押しの汁無し担々麺は、黄色い縮れ麺の上に、山椒と唐辛子が効いた挽肉餡が乗っています。山椒のスパイシーさが強く、食べた瞬間は舌がピリピリしますが、スーっと引いて行く辛さです。この挽肉と、たっぷり乗ったネギ、麺の相性が最高にあっています!

お好みで、パクチーも付けて貰えますよ。

入り口にはガリタ食堂のシールが貼ってありました。認定店なのですね。

場所は、駅の改札を出て、左手に進んで約30秒。本当にすぐ近くですよ!

tabelog.com

2.どさん子大将

こんなにも人の温もりを感じられるお店が、まだ東京にあったのか・・・、と思えるほど家庭的な空気が流れるお店。高齢のご夫婦が、二人で経営されています。

あまり口数は多くないお二人ですが、お店に足を踏み入れた瞬間、スッと受け入れてくれるお二人のスタンスと、笑顔がすてき。

 

こちらのオススメは【醤油ラーメン】。

スタンダードで、昔ながらの一品です。適度なしょっぱさの醤油スープに、丸麺に近い形でしこしことした食感の良い麺です。その上には、もやし、ニラ、まれに玉葱、と、チャーシューがトッピングされています。

またこのチャーシューが本当に良いお味!赤みがメインのお肉に、濃い目の味がしっかりと付いていて、見た目のシンプルさに反して、なかなかの食べごたえです。

 

他のメニューは、ちょっと変わったカレーラーメンやクリームシチューラーメンに、炒飯から定食まで揃っています。

おすすめの一つに選んでおいて、特別な、際立った特徴があるという訳ではないのですが・・・。しかし、懐かしいお店の雰囲気と、家庭的なメニューの味、またご夫婦の笑顔を合わせて、他店にはない魅力がキラリ。

そんな温かい空間にいたくて、つい、足を運びたくなります。

 

場所は、新代田駅を出て目の前の横断歩道を渡り、左にまっすぐ進みます。そのまま5分程歩くと、少し高い位置に「どさんこ大将」の看板が出ているので、それが目印です。

tabelog.com

3.麺通

木目調のテーブルや机で統一されており、清潔感があって、開放的な入り口が入りやすいお店。そんな印象とは裏腹に、背油が多めの濃ゆーいスープと、太い麺が合わさり、ガッツリとしたラーメンがいただけます。

ここでのオススメは【汁なしらーめん】。

もちろん、普通のらーめんも美味しいのですが、人によっては、重たいと感じるかも。その点、汁なしらーめんだと、油と濃いスープは健在ですが、通常のらーめんより量が抑えめなのでくどさは感じません。

むしろこの濃厚さが汁なしらーめんにピッタリ。

さらに!ここの麺はお店の手作りで、スープが少ない事によって、太くてモチモチしたオリジナル熟成麺の味や食感がしっかりと楽しめるのです!。そんなモチモチ麺が、汁なしラーメンだと少し量が多めなので、ちょっぴり得した気分に・・・!

お好みで、テーブルに置いてある辛味の調味料をかけても、味が変わってさらに食欲が進みます。

 

場所は、新代田駅を出てすぐ左に直進します。そのまま5分ほど歩き、木とガラスで出来た開放的な入り口がお店です。

tabelog.com

どのお店も楽しそうなのが良い

今回ご紹介した、ラーメン3店に共通しているのは、どのお店もなんだか楽しそう。そんなお店で出されているラーメンには、楽しい気持ちがギュッと詰まっています。

食べると、何だかこっちも楽しい気持ちに。

そうしたラーメンを提供されていることが、何度も通いたくなる、人気の秘訣なのかもしれません。